寝ころんで見る空

『趣味: 韓国』の30代の日常を。

《今日・削除》私の中の私

今朝アップした記事は今朝のうちに削除しました。
読んでくださった方には大変申し訳ありません。

やはり何度見ても気持ちが悪いので記事自体が嫌になり取り下げました。
みなさんはあの映像を見てどう思うのだろう…。
火に油を注ぐな。考えすぎだろ。ファンなら黙ってろ…。と思う人もいるのかな?と。
少なくとも私は気持ち悪いですが。

私自身が最近の彼らに違和感を感じています。
今までと何かが違うのです。
活躍しているといないとか、そういう事ではなくて。
それが私の中の事なのか、彼ら自身の事なのか。

過ぎ行く時間の中でどの瞬間に戻れたら良い結末を迎えられるのだろう。
例えばあの前なら。例えば?例えば…。
いくつもある瞬間の中であきらかに間違いな部分はおそらく自分より他人の方がよく見つけられるかもしれません。

削除してしまえる私の記事と、削除できない彼らの今。
私の中の私も、これからの彼らも次の選択で変わっていく、いけるはずなのでどうか未来を変えられる瞬間がまだこの最近にある事を願いたいです。
あの日に戻れるならそれが今でありたい。

《ブログ・2周年》最近よく見ているもの

こんにちは。

私事、今日はこちらのブログを始めて2周年です!
袖振り合うも多生の縁とは申しますが、本日もご訪問いただきありがとうございます。

えー、悲しい事実ではありますが、このブログに『はてなスター』を頂いたのは今から1年4ヶ月前の事…。
それから一度たりともスターがついた記事はありません(;∀; )
つまらない記事ばかりで申し訳ありませんが、今後とも暇潰しにご訪問いただければ幸いです。

さて!

今日は何回目かのキムチ作りです、回を重ねる毎に味がどんどん変化してきました。
前回作は生臭くなってしまい、私的には大失敗でした。
アミの塩辛がないのでイカの塩辛で代用しましたが、生臭いものが苦手な私なのでそもそも合わなかったようです。

実は私、韓国産キムチを一度も食べたことがないので基本の味を知らぬまま作っています。
道の駅とか産直で売っている日本で作られたキムチは食べた事がありますが、そのキムチも生臭い(海産物)の味が強かったです。

そんなわけで今回は乾燥したアミをお湯で戻して、その汁と身も使用。牛肉のダシも加え、ニラの代わりに万能ネギを入れてみました。
私の中のベストオブキムチ(近所のお肉屋さんのキムチ)には到底かないませんし、その味がどうして出るのかもわかりませんが、今回の作品は旨味のある多少良い仕上がりになりました!
徐々に進化してますよ~。

そして最近は以前にも増してもっぱんを見る時間が増えているので食欲全開です。
そのもっぱんに必ず添えられているのが大きなキムチやネギキムチなので、どうしても食べたくなっちゃうんですよね。
それからヤンニョムケジャン。想像だけですが、めっちゃ美味しそうです。
通常カニミソとかエビの頭部のミソとか気持ち悪くて食べれないのですが、何故かヤンニョムケジャンは気持ち悪く見えないので、韓国が得意とする赤の魔法です。
ご飯にのせてまじぇまじぇして海苔を乗せて口一杯に頬張る姿をじーっと見ています。
初見だと猟奇的に見えますが、慣れれば平気です(笑)

それから最近は再びスーパーマンが帰って来たのイ・ドングクあっぱにはまっていて(あっぱにね)目尻の笑いシワにやられてます。
子供たちにいたずらしながら怖いことや痛いことなどもたくさん経験させてあげられる羨ましいでしかない旦那さんです。
ドングクあっぱのような旦那さん、体型も含めて理想的です。

こんな事をいうと私の身近にいる韓国嫌いな人に呆れられるのですが(´Д`)

いつかのヤフーニュースにkpop好きな娘が韓国旅行に行く事を知り、キャンセル料は全額パパが支払うからと旅行を止めさせた父親の記事がありました。
父が今の日韓関係では危険な事があるかもしれないからと娘を説得したようですが、それから親子の関係がギクシャクしてしまったという内容でした。
お父さんの気持ち良くわかります。

今まさに興味津々の好奇心旺盛な若者が、現地でたまたまガイドをしてくれたり、道案内してくれた『優しい人』に心を許すのは秒だと思うのです。

はじめはアイドルを目当てにいったとしても、既に『憧れ』や『好き』が前提にあるので現地で聞こえてくる韓国語や、道行く人にでさえも興味がわいて、かわいい子と話してみたいとか韓国のイケメンと交流してみたいと思うのは引き寄せの法則で必ずそうなっていくと思います。

だけど、その『優しい人』が本当はどんな人なのかは見分けがつかないはずです。
そんなはずない、大丈夫な人だよ。というのは自分勝手な言い分で、万が一騙されたり傷つけられたりしたら誰が助けてくれるのでしょうか?
日本人相手なら警察でさえ傍観する事があるそうです。それが本当に稀な事だとしても、親なら自分の娘にそういう思いをさせないように話して聞かせてあげようとするのは当然の事だし、教育として間違っていないと思うのです。

国内でさえも悲惨な事件が後を絶たない状況ですので、これからも家族でたくさん話をしてほしいですし、互いに相手を頭ごなしに否定するのではなく現実を理解した上でよく計画を立てて責任ある行動をしながら楽しんで欲しいなと思います。

韓国離れ…何度目?と思いますがおそらくまた始まると思います。
我々は日本にいながら好きなものを見て、ゆっくりのんびり見守っていきましょう。

ではまた~

《テテ・風景》『目』と『今』とこの『瞬間』

あんにょん!

つい先日も、あなたは韓国人ですね?と言われた私です…。
まじで。。
もう一度言いますが、日本ですから~(;∀; )

さてさて、防弾少年団のテテさん、Vがソロで歌う『Scenery』(風景)が公開されました!!
ジミンちゃんにスポされながら(笑)迎えた楽曲発表ですが、さすがキム・テヒョン
初めて聞いてから5回くらい聞くまで歌詞の真意がバラバラで見えてきませんでした。
実に不思議な歌詞です。
和訳お借りします

軽く聞けば簡単だし、よく考えて聞けば難解で奥行きがある歌詞です。
結局、『ヨクシ キム・テヒョンだな』という感想でした。

テテの真意はともかく、聞き手からすると歌詞の対象は『時』という『今』を相手に歌った曲かな?と個人的に感じました。英語の部分はそれに反して自分を投影しているようにも感じました、今という瞬間を上手に歌い分けた曲だと思います。

今この瞬間、一つ一つの風景やその景色のすべてが見逃せない美しい一瞬で、その一瞬を目に写る記憶のシャッターで記録する事ができたら。


例えば目にカメラのシャッターがついていたとしたら、絶対絶対絶対×100回、今アイドルとアイコンタクトしたもん( ̄^ ̄)と証明できるのにー!!とかいう浅い話しでは決して無いと思いますが。。

目に写る瞬間を記録したいと思うのは美しいものを見た人の共通意識ですよね。
自分の目にカメラ機能が付いていたら…。とマジで思います。

とにかくテテが見て何かを感じ取ったその瞬間瞬間を折に触れて我々armyも何かを感じていけたらなと思います。

これにて、あんにょ~ん。

《韓国・アイドル》悲しい現実

韓国のアイドルはカムバックの時期になるとダイエットをするのはもはや常識のように認知されています。

男性グループも女性グループも。

そもそもダイエットして骨が見える身体が素敵だなんていったい何事ですか?
確かにフェイスラインがショッとすればイケメン度は増しますし、ダイエットをして魅力的になる人は多いです。
しかし、そもそも痩せた人間の姿を魅力的だと思うのはいったい何の為にある心理なのですか?

君たち、その顔…もはや骨。骨だよ。

事務所のみなさん、本人さん。
絶対やりすぎです!!
この二人だけではなく、ディノもシュアもみんな痩せすぎ。
健康でハツラツとしてこそセブチなのに…。
でも、やっぱり庶民じゃないから美しくて、当たり前じゃないから憧れるのでしょうか(;∀; )
やっぱりかっこいいマンセ

みんなパーフェクト

ハードなダンスをしているんだからそんな華奢な体してたらフラつくよ?栄養足りないと免疫力落ちるよ?本当にダイエットしすぎはダメ。
切なる願いです。
セブチ…。
もう痩せるのやめよ…。
練習のしすぎで痩せちゃうなら食べようよ。
とにかくカムバックの度にダイエットやりすぎは反対です。絶対に( ̄^ ̄)

男性アイドルのみなさん、庶民のように好きなだけふくよかにとは言わないけど、カムバックを痩せて迎えるのではなく、筋骨粒々勇ましく迎えましょうよ。

ハニや。
ヌナは切ないよ…。

《セブチ・始動》YOU MADE MY DAWN

SEVENTEENが新たなミニアルバムをひっさげてカムバックしましたね!
冬をすっとばして春へ、ジャパンツアーにむけて着々と準備中です。
さてさて、今回のアルバムは以前の作品から繋がる雰囲気になっておりまして、相変わらず爽やかにみせかけてMV内容は例の牛耳られた内容です。
イムループやパラレルワールド、夢見など。
違う意識の中でそれぞれが行動し、造られた世界で違う世界にいる互いを共有しているような感じです。

バンタンストーリーの重要シーンともいえるbutterflyの廃プール。

今回のセブチのHomeから。

そっくりですね!

これらを見るとセブチストーリーのキーパーソンはバーノン、ウォヌ、ジョンハン、ウジ、ミンギュ、このあたりですかね?
それから花。
バンタンはスメラルドやユリですがセブチはひまわりです。ひまわりは太陽に関係がある花ですので明るい雰囲気でいてほしいですが、メンバーが枯れたひまわりを持っていました。
それから電気スタンド。電気がついていないときは部屋に誰も居ませんが、セブチは13人もいるのでみんなが集まるためにはたくさんの電力が必要なのです(・∀・)

と、核心も何もつけないグダグダな話しですが…。

がっ、しかーし。
いくらコンセプトがそうであろうとも彼らにはこのストーリーは似合わんのです。
だって陰の要素がほぼ無い子達に無理やり陰をあてがってるから本人達が意図せず陰を消しちゃうんだもん(笑)

セブチは間違いなく陽です。
太陽のようで夏のようで、夜明けのようで光のようで。
むりむりむりむり(ヾノ・∀・`)
たぶんスカしてあの世界に行ったとしても道中でぶーちゃん吹いちゃって皆も吹いちゃうから。
だからセブチは結局ハッピーなんですよね💛

今回のHomeの歌詞は個人的にジミンちゃんの約束とリンクする感じがしていて、こちらも自分の『肉体』から『魂』へ『魂』から『肉体』へ的な意味合いかなと感じました。
くどい言い方にすれば肉体に寄生した魂が肉体をHomeとして自分の居場所、帰る場所としているように、地球に寄生した人類が生き物として地球をHomeとするような感じです。

この感覚、例えば己の肉体と魂について、それぞれの側から思う事を歌詞にしてみてくださいとお題を出されたとして、セブチやジミンちゃんそれぞれに使う言葉や表現がこんなにもあるんだなと私なりに解釈して言葉の勉強をしたような気になりました。

SEVENTEEN Home和訳↓
https://youtu.be/R9QeOZW03NQ

バンタンとセブチ。
似て非なる魅力の塊です。

《つぶやき・一言》惚れてまうやろ~

これ、ブログで書くことではないのですが(笑)

昨日のお弁当に入れた冷凍食品の話し。

最近はカップの底に占いだったり今日の運勢として一言や★★★☆マークがついているのですが、昨日のお言葉(笑)
情熱的すぎて思わずつっこんでしまいました。

『あなたは私の太陽です』


え(・∀・)!! !
あっそうですかっ?それはそれは(*´∀`*)

弁当食べてるのにしれっと口説くな、デレさすな~!!

自分で入れたお弁当のおかずなのに、ここ最近で一番のヒット。
世知辛い会社でのひとときに笑いをくれた冷凍食品カップの開発担当者さまに、ありがとうが届きますように☆
太陽のように…。私が授かった今生の名前のように明るく輝いて生きていきたいですね。
日本人のこういう感性、大好きです!

《今日・約束》人的癒し

こんばんは。


新年早々『人(客)』に怒りを当てられ気が晴れないサンドバッグです。
理不尽な理由で怒鳴られたので帰宅して泣きました。
みぞおちにたっぷりストレス物質つまって苦しかったです。
ため息数十回…それでもまだ苦しい…。空嘔吐。
しかたないので母に愚痴り、泣きますよ宣言からの号泣。
母もこんな私の姿にため息ですよ(T_T)
久々に始まったな…と。
やっぱり言わなきゃ良かったのかな。

それでもこれが私がもっている性質への荒療治、最終手段なのです。
HSP、メニエール、自律神経失調症
こんな年齢にもなって親を頼って情けない。
でも私は自分をさらけだす事によって救われています。
気難しい自分、デリケートな自分、自分では救いきれない自分を家族や友人に救ってもらっています。

ありがとう💜

さてさて。

泣いたカラスがもう笑った。
イッテQ!を見て大爆笑ですよ、やっぱり大好きです!
表情、仕草、言葉、見て聞いて笑っていますが、芸に対する尊敬尊重の笑いです。
嫌な事、痛い事、それらを受け入れて笑いに変える仕事です。
庶民はもらえない給料をもらって仕事をしているので、対価は比べ物にはなりませんが、その笑いが『人間』を癒すことができる仕事な事は確かです。
明日、明後日、あなたの言葉や態度で癒される人がいる事、怒る人がいる事は否めません。
是非とも、明日の自分が誰かを『癒す人』であってほしいですね!

こんな日は飲んで寝ます。←いつも。
今日を過ごした自分(皆さん自身)にお疲れ様~💜
ジミンちゃんの約束

https://youtu.be/RR0q8IuX-JU

私的にはこの歌詞は、自分の『肉体』から『魂』、『魂』から『肉体』への約束(手紙)と解釈して聞いています。
辛い時期を過ごしながら出来た命の気を言葉にしたギリギリの歌詞なのかな?と受け取っています。

生きる約束。
しなない約束。

誰かが誰かを癒す
誰かによって誰かが生きる

約束。
💜💜💜💜💜💜

《2019・始まり》新年会やってます

2019年。

正月三が日は燦々と降り注ぐ真冬の陽射しのもと、穏やかな日が続いております。(私の居住地)

真っ青な快晴の空に君臨する太陽…。
誠に尊い存在でありますが、宇宙の暗黒世界でガンガン核融合をさせて荒ぶり、人類などが決して抗えない力をお持ちの御方…とは思えない穏やかな陽気。何事も距離感大事ね~。
ぽかぁ~(*´∀`*)

さて、今年もはじまりました!!
宜しくお願いします。どんどんどんどんぱふぱふ~(昭和流)

皆さんおみくじは引きましたか?
私は毎年恒例の末吉からのスタートとなりますが、幸先は良好です。
今年は4月に行われるSEVENTEENさいたまスーパーアリーナ公演に当選しておりますので、既に楽しさ満載です。
昨日は見知らぬ方からお年玉1000円を頂き(あざます💦)タリョラ バンタンやセブチのガヤ動画を見て笑って過ごしております。

話は戻りますが、今回のおみくじは末吉ながらとても深い内容だったので結ばずに持ち帰ってきました。
一部をご紹介したいと思います。

『はなされし かごの小鳥の とりどりに たのしみ おおき 春ののべかな』
※籠の中にいた小鳥が放されて自由に飛び歩く様に苦しみを逃れて楽しみの多い身となる運です 世の為人の為に尽くしなさい 幸福まして名も上がります
とのお言葉です。

私事、2018年まとめの記事の中で『誰かの目に生気が無い時は環境を変えてあげて欲しいです。鳥籠の蓋を開けてあげて下さい。辛い苦しい消えたい。そう思った時には自らの意思で飛び立ち違う人生を今の世界で生きて欲しいと願っています』と記していたのですが、籠の鳥のキーワード…。
ナイス合致~!!!

それから
『憂さも、つらさも腹立たしさも、心ひとつのおきどころ 大空にすむ月の光も、見る人の心によって、楽しくも、悲しくも、腹立たしくも眺められる。感謝の気持ちで眺めれば、身も心もほがらかに、禍も自ずから転じて幸いとなって来る』
※一部抜粋
との教えが記されてありました。

日本は神仏習合の宗教文化がありますので、様々な教えを授かる機会があります。
それを『宗教』とくくり排他的になるより『言葉』として道しるべ(看板)のように受け入れれば、全てが人間の為にある励ましなんだなと感じることができますし、日々の暮らしから多くを悟る事ができる日本古来の素晴らしい風習を理解することが出来ます。

あっ…。またど素人が語ってしもた。。

とにかく『心ひとつのおきどころ』で『幸い』が来るという言葉を2019年のお守りにしたいと思います。それでは!!


え~、気づいていないかもしれませんが、冒頭から私は皆さんと新年会の真っ最中(のつもり)です。
みなさんも飲みながら~食べながら~🥓私のブログで暇を潰してくだされば幸いです。
ブログの中の見えないご縁に🍺✨🍺乾杯~!
(*´∀`*)コンベ~

今年もバンタン、セブチ、韓流、韓国、宇宙、私についてブログの中でお話ししながら勝手にお会いしたいと思います。

では、引き続きお好きな動画を愛でながらご歓談くださ~い

《年の瀬・30日》明けの明星

今日は防弾少年団のV、テテのお誕生日です💜
ちゅっかはむにだ~!

キム・テヒョン(金 泰亨)
テヒョンは漢字にするとキラキラネームじゃないので親近感がわきます。やすしと、とおるです。
テテの大切な家族(祖父)がつけてくれた名前だそうなので、今日はあえて漢字で愛でてみました。

ちなみに私の名前は父がつけてくれましたよ。
皆さんの名前にもきっとストーリーがあるはずです。『一人だけのネームストーリー』なんていう題名のかわいい絵本があったら手にとってみたいです。あくまでも絵本で。

さて、テテについては世界中にファンがいますので言うまでもなく大人気です。
いたずらっ子、わんぱく、無鉄砲、おっちょこちょい、照れ屋、楽観的、つかみどころがない、二面性、ミステリアス、思慮深い、繊細、感受性が強い、泣き上戸など。
テヒョンは陰と陽の強い部分をあわせ持った不思議な人です。笑ったと思ったら真顔になったり、パフォーマンス中もこのような表情の表現が上手いですし、似合いますよね。
輝いているのに影がある、楽しそうなのに憂いがあるなど、テテの持っている『素』こそが裏表なく、キム・テヒョンなのだと思います。
ビーナスとルシファー。
だから全方位魅力的なのですね!
しかしバンタンストーリーに合致するような人材が都合よく揃ったものですよ、まさに『全ては偶然じゃないから』ですね。

テヒョンア~💜
お話しするときは静かにゆっくり話してくれる優しいテヒョンア、癒されて心が落ち着いてくるけど、テテの表情を一つも見落としたくなくてスマホに近づいて目をまんまるくさせてガン見してるよ(笑)
きっと世界中のペンもみんなそうだよね。
誰かに見られている事よりも、自分の世界から自分を見せてくれるテテにファンは感謝してるよ。
偽りのない心でこちらを見てくれているから、ファンもちゃんとしなきゃって思える。
テヒョンア、ピュアな自分を強い自分で守ってあげてね。
自分の人生を自由に生きる姿をこれからも見せてね、防弾少年団になってくれてありがとう!!
センイル チュッカヘ~💜



今日、我が家から見える空は真っ青なスカイブルーです。とても平和です!
太陽から届くエネルギーは暖かく背中をポカポカ包み込んでくれます(´ω`)あたけ~
へけっ。
日向ぼっこしてるのバレバレですね💦
安心してください、大掃除は先ほど終わりましたであります!
あとは2、3日こうしてとろけて過ごすのです。
いや、言い訳ですけど体調不良で胃腸が弱って水便と胃痛で食欲ないし、大好きなKIRIN本絞りグレープフルーツなんて350ミリ1缶を2時間かけて飲んだのですよ、イロン ネガ!!

くっ。

《2018・12月》まとめ

いよいよ年末が近づいてまいりましたね!

2018年、やはり今年も飽きること無く韓流に興味関心を注いだ年になりました。
いつになったら韓流に飽きるのか(笑)

最近アイドルにハマった方もそうだと思いますが毎日見ないと気がすまないし、見ないと物足りなくて絶対見てしまうのですよね(^_^;)
あいぐあいぐ~💜
相変わらずYouTube無しでは生きられない生活をしています。

私的に今年はセブチとハイタッチして、セブチとバンタンのライブ両方に参戦することが出来た最高の1年でした。
大きな風邪やトラブルもなく、悔し涙はほとんど流すことは無かったです。
去年も同じような回想をしましたが、私が精神を病んでいた時は仕事中も帰宅中も泣き出してしまい、家ではストロングゼロを大量に飲んで泥酔する日々を送っていました。
リアル主に泣いてます、です。
やはり人間は何かに病む前に生活環境を変えた方が良いです。
だから私は転職を繰り返し、そして今とても幸せです。

自分で自分を救う、それがlove myself。
その意味をバンタンがたくさんの楽曲や言葉を通して教えてくれましたね。

心と体が別々にあるとするなら、自分を管理するのは魂です。
魂が体を大切にすれば自分という生き物が充実してきます。
体を客観的に見ることによってコンプレックスを受け入れ、すこしでも綺麗にしてこの人を輝かせてあげたいと思えるようになりました。
体を大切にすれば私自身(魂)も幸せになれる、そんな考え方が出来るようになった気がします。
love myselfは魂の成長なのです。

魂が病んでいる人からはサインが出ています。表情や身体、匂い、全部から…。
例え大きなトラブルを抱えて窮地にいたとしても、生命力がある人からはそのサインは出ていません。
『目は口ほどに物を言う』というのは正に。
怒り悲しみ恨み喜び幸せ、魂は目に表れます。

だから誰かの目に生気が無い時は環境を変えてあげて欲しいです。鳥籠の蓋を開けてあげて下さい。
辛い苦しい消えたい。
そう思った時には自らの意思で飛び立ち違う人生を今の世界で生きて欲しいと願っています。

2018年はBTSがアミーを成長させてくれました。
love Yourself
今度はバンタンにそう伝えたいです。

アンパンマンの愛。

とにかく今年をまとめるとバンタンやセブチのおかげで私が成長できた年でした。
2019年も良い影響を受けながら充実した日々を送りたいと思います。
今から楽しみです!来年は何があるのかな?ワクワク!
最後まで読んでくれたあなたへ💜良いお年を。

※前にも言いましたが、私のブログは不人気です💦そんなブログにすこしでも興味を示して下さった方へ、心から感謝しています!
読んでくださってありがとうございました(*^^*)

まとめましたが、お伝えしたい事があれば年内もまた書きます(笑)
あんにょん!

《12月・中旬》ふたご座流星群

昨晩12月14日はふたご座流星群ナイトでしたね!

21時頃空を見上げてみましたが、あいにくの曇り空で星は見えませんでした。
ですが、昨夜は晴れたり曇ったりの変わりやすい空模様でしたので23時頃再度確認したところ、カーテンを開けるやいなや空を横切る流れ星がお出迎えしてくれました(^o^)/

カーテンを閉めていては気づかない無音の天体ショーが賑やかに開催されていました。
見ようとした人にしか見えない美しい夜空です。

視力の弱い私は裸眼だと星の光は大きな丸い光になり、まるで水玉模様のようなのですが、メガネもコンタクトより弱めに作っているので、せっかくの天体ショーも若干滲んでしまいます。

そんな私のお願い事は『視力が回復しますように』と『4月にあるSEVENTEENのライヴで良席が当選しますように』です!
おおよそ30~40分で28個くらい見ましたので、願いは叶うと思われます。はい。

ラスト1個、次がラストね…。を何回か繰り返してカーテンを閉めましたが、私の眠っている間にもまだまだ星が流れているんですよね、本当に神秘的です。
さて、昨晩YouTubeに香港で開催されたMAMAのレッドカーペット登場シーンがあがっていました。

車のドアを開けるスタッフさんの直前のイキリ具合でビッグネームが来たなと想像できるのですが、私的にSEVENTEENが来たときの車の入り方が好きでしたね。
最初に2台、これで終わりかと思いきや奥にまた1台とその配列やら入ってくるスピードがまぁ~かっこいい!
いったい誰が来たの!!?



ウリ セブチ~!!!

スラッとしてスマートでにこやかで朗らかなセブチ。
ナイスゥ~!


それから飽きること数十分…。やっぱり大物は待たせるよね~💜

待たせたかと思いきやスラスラ入ってくるあたり、やっぱりバンタンですよ、いやらしくない登場が安定です。
他の共演者さんもBTSを見るのが楽しみなようでしたし、この登場シーンもファンとして嬉しい限りでした。本当によくここまで上り詰めたなとファンながら感心してしまいます。

まだまだ韓国のアイドルは世界中で活躍するはずです、こんなクオリティの高い芸能が隣国にあるのに、双方閉鎖的な状況なのが嘆かわしいですね。
バンタンがメロンで見せたようなパフォーマンスを日本のテレビでも見れたら日本の芸能にとってどれほど刺激的か…。
本当に本当に残念です。
まぁ、好きな人はもう好きになっているだろうし、好きじゃなければそれまでですよね。はい。
ただ、日本の音楽番組でバンタンが見たかった~見せたかった~。

《12月・はじまり》霧の夜

こんばんは。
私の住む地域は今深い霧に包まれています。
12月とは思えない生暖かさと、湿度。

辺りも真っ暗で建物の明かりすらも隠してしまう程の濃霧です。
空はまるで暗黒物質そのもののような不気味な色。

さて、こんな夜ですが…。
今日はバンタンの長男、ジンくんのお誕生日で~す!!
お誕生日 ちゅっかはむにだ~💜

ジンくんの第一印象は『Boy in Luv』と『ハルマン』のMVを見た時、まずは当然のイケメン認定ですよ!
まぎれもなく映像の中の主役だったし、今知っているジンより気が強くてナンバーワン的な印象を受けました。

ダンスが不得意な印象はなかったので、きっと努力の賜物だったのだと思います。
最初お顔でジンくんをロックオンしましたが、テテやググも次々に現れて結果誰が誰だかわからない状態に(笑)

顔もヘアスタイルも今見ればそれぞれ違いますが、バンタン初顔合わせの時は正直ジン、テテ、ググはマジックショーのようでしたよ。
フォーメーションもクルクル変わる韓国特有のオールセンター方式なので、(ラッパーラインとジミンちゃんは個性があったのて見分けはつきましたが)イケメン祭的にひとくくりにして見ました。

徐々にググやテテが脳内で分離していって、残るはロッカードン男と教室にヨジャを連れてくるぶっきらぼう男が残り、それが結果ジンでした。
自分も好きなくせに、完全に損するパターンの強がり男だなと脳内妄想。
が、しかーし!ハルマンでは白いカーディガンがはえるプリンスに変身💜のくせに一人だけ黒いセーター着てクールアピールしたり。
いや、バンタンスゲーな。
この品揃え、ラインナップ。
半端ねぇ~グループだぞ!!が最終的な結論です。
今より若かったジン…。間違いなく爆イケでした。
私はデビュー当初のジン大好物ですよ!シュッとして凛としてます。

そんなジン。
最近でもMVでは6対1的なポジションにいることもあります。
もちろんりえっぺさんのバンタンストーリーを見れば一目瞭然なのですが、役柄としてテテと共にダークサイド担当を任されております。
切なく、苦しく、悩み多きポジション(役柄)
時折見せる憂いに満ちた表情、うましっ。
当然ながらライヴのソロでもジンくんの時は最初から会場が『聞く』体制に入ります。
とにかく切ないのです(ストーリー的に)
それを知ってか知らずか…絶対知ってる(笑)
俺なんか…俺なんか…俺でも!を表現してくれています。
どこまでがストーリーでどこからが本心かわからないくらい信憑性のある演技に魅了されますし、バンタンストーリーから離れずにジンを見てしまうと本当に違う世界を見ているようです。

一方で、もぐもぐ食べるという事を公開することにより人間味や現実味をプラスしてくれて、年下のメンバーと張り合ったり譲らない子供っぽさをあえて見せることで仮想と現実のバランスをとってくれている防弾少年団のなくてはならないバランサーです。
ジンくんの事はarmyがちゃんと見ています。

マンネライン、ヒョンライン、 ジンです。
圧倒的なワントップです。
パワーバランスはレプモンやシュガにはかなわないかもしれませんが、ジンはジンです。
ジンという個性をバンタンとarmyが必要としている事をちゃんと受け入れて欲しいですね!!

こんな意味深な彩りの夜にバンタンストーリーは刺激が強すぎます。
歌謡祭の演出にもしっかりワールドが続いていました。
仮面、偽り、鏡の中の自分。
内面、内なるもの、魂、自己…。

ダークサイドは刺激が強すぎるので(笑)
強風は猫バス、雷は鬼ちゃん、怪奇現象はドビーめの仕業と考えてファンタジーに生きます。
今宵は…ジンナイト💜

《青・魔力》抗えない魅力

あんにょん💙

どうしてこんなにハニはイケメンなのですか?
????
どうして!どうして~!!

どうしてこんなに青い服が私を誘惑するのですか?
本当に愛しすぎて嫌(笑)

ハニ、シュア、ウォヌや…。
顔面がイケ過ぎてつらい。つらいよ~💙
このまま私の両腕をハニの両腕の隙間に差し込んで全身をぴとーっとハニに装着したい。
ハニや~
ちょあ、この時のハニのヘアスタイルもお顔も体つきも全部がちぇごや~💙💙💙

《BTS・ワールドツアー》~Tokyo~本編

2018年11月14日
17:10

いよいよ出陣です。

滞在先のホテルを後にし、いざ東京ドームへ。

会場に通じる歩道は既に人の姿もまばらになり、多くのファンは会場入りを済ませている様子でした。

この時期の東京ドーム周辺は紅葉がライトアップされオレンジ色のイルミネーションが優しくarmyを迎えてくれています。
初日にいたマスコミや反対派の方々も見当たらず、不安を感じさせない平和な雰囲気です。

各ゲート前は入場する人で溢れていましたが、人の数に反比例してスピーディーに入場できました。
私は会員証チェックなどもなく、持ち物検査も軽く終了したのであっという間にドームの中へ。

ライブあるあるですが、歩きながらの会場チェック。
通路から一瞬見える会場内の様子をチロ見…



おや?

なんか思ったより近いのでは?

東京ドームってこんなに狭かった?

これが今回の第一印象です。
おそらくこれまでたまアリや横アリで天井席ばかりにいたので感覚がそれに慣れてしまったようです(笑)

自分の座席に到着してみるとサブステも良く見えるし、メインステージも近い!スクリーンも大きいのでこれまでよりメンバーが見えそうです。
まずはホッと一安心。

席につくなり数秒でアルコールの副作用が💦
すぐさま飛び出してお手洗いの列に整列。
長蛇の列、時刻は既に開演の18時です。

ドキドキしながら並びはじめましたが、さすが東京ドーム、進みが早いのなんの(笑)あっという間に済ませていざ着席。

どうしよう…始まってしまう。。

今日までの不安、心配、愛しさ。

それらのどんな感情にも勝るファンの気持ちが東京ドームを包んで行きます。

開演前にスクリーンに映し出されるMV。
それに合わせて掛け声を入れるarmy。
準備は整いました!
会場が一つの生き物のように、何かを鼓舞するように大きく沸き立ちます。

ついにその時が訪れます…。

会場の照明が消され、悲鳴が飛び交う大歓声の会場。

そして…彼らの登場です。
IDOL

You can call me artist
俺をアーティストと呼んでもいい

You can call me idol
アイドルと呼んでもいい

アニm オットン ダルン ムォラ ヘド
아님 어떤 다른 뭐라 해도
それか他の何と呼ばれても

I don't care
俺は気にしない

I'm proud of it
それを誇りに思ってるし

ナン チャユロpネ
난 자유롭네
俺は自由だ

No more irony
これ以上の皮肉はない

ナヌン ハンサン ナヨッキエ
나는 항상 나였기에
俺はいつも俺だったからさ

最高潮のボルテージを迎えた東京ドーム!
そこにいた観客だれもが自由に、だれの干渉も受けずに愛を叫ぶことを許された環境でした。

各々の推しがスクリーンにうつるたびに歓声があがり、今日までの感情が全て吐き出されたようなものすごい状況でした。

だれがなんと言おうと私は防弾少年団が大好きだ!と会場全体が叫んでいるような始まりです。

MAXに近い興奮から一気にバンタンワールドへの誘い。
save meからI'm fine。
熱狂から魅惑の世界へ。
妖艶で指先まで感情のあるダンスの構成、会場に響き渡るメンバーの生声。
全てが物語のように表現されていきます。

私感、防弾少年団は他のどのグループより音楽をストーリーで表現できる希なグループです。

ダンスの構成は天才的な振付師ソン・ソンドゥク先生のおかげですし、それに色をつけて艶を出して、バンタンカラーに染めてくるのがメンバー一人一人の個性です。
何が欠けても成り立たない奇跡のグループがここにいると再確認できた瞬間です。
そして感情豊かなステージが続きます。
ジミンちゃんが登場する度、会場が強烈な愛の塊になりました。
各々から叫ばれるジミンへの言葉。
ジミナ ケンチャナー!
サランヘー!
ジミナ ファイティーン!
どれもこれも韓国語です。
これは日本人があえて使う韓国語です。

多分日本語で『愛してるよ』とか『大丈夫だからね』とか『頑張れ』と言うとなんか雰囲気が違うというか…言いなれていない言葉なので逆に恥ずかしい気持ちがあって。
韓国語で言った方が照れずに気持ちを素直に言えるという不思議な感覚です。
尚且つ日本ペンの気持ちをジミンの耳にダイレクトに届けたいと願うファンの怒号に近い声援でした。
みんなジミンを鼓舞したいのです。

諦めるな!辞めるな!逃げるな!
私たちが見えるでしょ!聞こえるでしょ!
全部大丈夫だから!
ジミン愛してるよ💜💜💜💜💜

そう伝えたくて会場は今まで見たことのない愛の塊になりました。
会場にいた全員がジミンに『何か』を伝えたかったし見せたかったのです。

それに答えるようにバンタンの迫力あるステージが繰り広げられました。
あるブログに今回は地味な演出だったとの感想が記載されているのを見ましたが、感覚はそれぞれ違うんだなと改めて感じました。
最前列で見ようが、後列でみようがライヴは生物。
全ては自分次第で楽しくもつまらなくもなるものなのですね。

私はメドレーを見ている時にすごく配になりました。
みんな息出来てるのかな?今ものすごく苦しいだろうなと。

ハードな曲を続けて披露し、感情を込めてパワフルに踊っていました。強い気持ちを感じるものすごいステージです。
息も出来ないくらい苦しいはずなのに、それを越えて完全燃焼してくるバンタンの圧巻のステージを見せられた時、『あぁ、この人達は桁違いだ。大丈夫だ。負けるような人達じゃない』と思いました。

それまではなんとかしてバンタンを守りたい!応援したいという気持ちがありましたが、このステージパフォーマンスを目の当たりにして『やっぱり防弾少年団は凄いグループだ』といういつもの憧れに戻りました。
誰にも負けない強さと実力が備わっていて、さらに純粋さとあどけなさと、人を笑顔にするユーモアまで揃った最高のグループです。
だから私も一目で惚れたし、今日まで(日増しに)好きでいるし、これからもずっとファンとして彼らの音楽、活動を見ていたいと思えるのです。

彼らは自らの力で東京ドームライヴを応援した全てのファンの信頼を取り戻しました。
実力が疑念を払拭させた完璧なステージでした。

興奮しすぎで近くの若いarmy達は後半はほぼ放心状態になっていました。それくらい刺激の強い2日目でしたよ~。

無事にフィナーレを迎え、トロッコで会場をまわるメンバー。
幸い私の方にググが乗ったトロッコが来たのですが、私の席の前で反対側を向いてしまった為後頭部にありったけの愛情をぶつけて終了しました。
夢にまで見た金テープやら紙吹雪は私の席には微塵もありませんでしたが、ジミンちゃんのソロで出たシャボン玉が3ミリくらいまで小さくなって私の目の前まで来てくれました💜
それだけでも嬉しい思い出(^3^)

今回のバンタン東京ドームライヴは新しい何かを見つけたような感覚を得ることができました。
バンタンは最高のクオリティをもったグループです
なんと言われようとも聞いて見て感じて、その結果感服した。それが感想です。

これからバンタンがどこにいようとも、日本で活動できなくても、配信される映像や音楽があれば私は幸せです。
7人全員で防弾少年団、一人一人が防弾少年団
これからも大ファンです。
今まで通り日本から応援し続けます💜

《BTS・ワールドツアー》~Tokyo~序章編

2018年11月14日

BTS WORLD TOUR
LOVE YOURSELF JAPAN EDITION

東京ドーム参戦の朝。

私の住む町は深い朝霧に包まれ、冬の訪れを感じさせる清々し空気でした。
まるで今日という日に誘惑されているような幻想的な朝です。
私事、ドーム参戦は今から10年前のEXILEライブ以来なので、ゲートの場所や入場前の雰囲気などは綺麗さっばり記憶から消えております。

今回バンタンのグッズ販売は抽選で当選した人のみが購入出来るというシステムでしたので、私も無事にチケットをゲットし安心していましたが、13日のライブレポを見てみると欲しかった商品は早々に売り切れて購入できなかったとの記載がありました。
なぬ…。
グッズ販売は1~9部までありましたが我々は新幹線の都合で7部に参加です。
はたしてどれだけのグッズが残っているのでしょうか?

グッズ販売は2ヶ所で行われました。
1~1000迄はこちら、1001から2000(たぶん)はあちらという様に1部につき2000人、それが9部までなので18000人がグッズを購入できる人数だったと解釈しています。
私が並び始めたのは14時で、購入出来たのが16時過ぎなので2時間程で購入となりました。

私は最低限アミボムが購入できれば良かったのですが、次々に貼られていく売り切れの情報を見ながらハラハラしました。
途中、グッズ列から抜けていく人がちらほらいて何かと思っていたのですが、別の場所でアミボムを購入できる整理券をゲットした様子でしたよ。
このグッズ販売…終始タイミングや住んでいる場所、持っている運次第で明暗が分かれる『なんだよ~』連発のグッズ販売でしたね。(←私の場合よ)

この件でわざわざセブチを例を出すと、必需品であるライトスティックはローソンにあるLoppiなどで事前購入できるようになっており、発券されたチケットを持参し当日会場で引き換えるという方法を採用していたので本当に良かったです。

私のようにアミボムだけ欲しい人がグッズの列から外れればだいぶ列が短くなるはずなので、バンタンの運営さんには今後より良い対策をしてくださるよう期待しています!

さて、なんとか買えたアミボムを持って一旦ホテルにチェックイン。
アミボムの設定を済ませ、恒例のアルコールタイムです。armyに変~身💜
同行のちんぐに呆れられながら350缶をぐびぐび。
未だに不安要素となっているバンタンのあれこれを語りながらメンバーに思いを馳せました。

ついに…ついに来るのです。
何ヵ月も前から待ち望んだ日が。
終わって欲しくない今日が、ついに目の前まで来てしまいした。
どれほどの不安がここ数日あったのでしょう…。
そしてどれほどののarmyが今、興奮のピークを迎えているのでしょう…。

運命の18時。
いよいよ開演です。

続く。