寝ころんで見る空

『趣味: 韓国』の30代の日常を。

《日本語・英語・韓国語》わからない…。

あんにょんはせよ~

最近暑くて既に夏を満喫しているような気になっている私です。
乾杯が似合うお天気ですね!
さて、今日は久々に韓国あるあるの話題から。
まずはこちら↓

https://youtu.be/H-d0eBwrhxA

「これ水、どこにすみますか」→捨てますか ○
さては確信犯だな~

というのも、私の身近にいた韓国人は日本に来て、あえて日本語がワカラナイふりをする…と言っていました。
例えば「ワタシ ニホンゴ ワカリマセン」と言える語学力のところ、わざと「ワタシ ニホンゴ タベマセン」と言うというのです。
ちんぷんかんぷんな話しですが、当の本人達は満足げに語ります。
この言葉を話すと「かわいい~」と反応が良いそう…。これぞ確信犯。

しかしながら、私の実体験から申し上げると、ビジネスで日本に来た韓国人のほとんどは英語を話します。
むしろ、韓国語より英語です。
パスポートを確認して韓国人だと判断し、韓国語で対応しても、返事は英語で返ってくるのです。

英語が出来ない私のせめてもの韓国語に英語で返されるという…カオス。

これ、日本でもそういう方多いと思いますが、外国の方が頑張って日本語使っているのに、「あー、Yes Yes!~」って英語ペラペラな会話になったりする感じでしょうか。
ワタシ エイゴ ワカリマセン 完。

ちなみに日本人が、愛嬌を意識して韓国語をわざと間違う単語って何かありますかね?
「いただきます」と「ごちそうさま」は間違えやすい言葉ですが、私は「あなたには優しい旦那さんがいるから」と言ったつもりだったのに、何故か失笑された事例があります。

「優しい夫」→「チャッカン ナンピョン」

実際発した言葉

「チャガウン(차가운)ナンピョン」→「冷たい夫」

チャガウン…苦笑い。その時はまだ語学力も浅く間違いに気づかなかったのですが、失笑が気になり調べてみてびっくり( ; ゜Д゜)失礼しましたー!!!

わざとじゃない…。 タギョナジ~! 당연하지。

外国語を話す時、何故か緊張しますよね。間違えて相手を怒らせるかもしれない、通じなくて恥をかくかもしれない、と先読みしてドキドキしてしまいます。
しかし、私はそのドキドキが好きです。グクのように自分の細胞を虐待して快感を得ているわけではありませんよ

https://youtu.be/Po1QO--yS_4

相手は同じ人間。怖がらずに、恥じらわずに、目を見て楽しく会話しましょう。
もともと日本人大っ嫌いじゃない人とじゃないなら楽しい会話が出来るはずです!!
では、アディオス(°∀°)