寝ころんで見る空

『趣味: 韓国』の30代の日常を。

《映画・ファンタジー》ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

この頃見る物の多くに異世界の話が転がっていて困っている私です(笑)

BTSSEVENTEEN など、目にする機会の多いk-popや海外の映画などにも異世界(異次元)を意識させる要素が何故か満載です(((・・;)

ところで、今日は朝から北朝鮮のミサイルにより日本列島が震撼したわけですが、皆さま無事で何よりです。私が寝起きの頭で精一杯考えて行動したことと言えば

1、NHKをつけた
2、パジャマを着替えた
3、顔を洗った(着弾ならここで終了)
4、カーテンを開けて空を見た
5、悩んだ
以上です。

一方、私の父は瞬時に身支度を済ませ(ウエストポーチまで装置完了)で床の間に座していました。確かにそこならガラス破片も熱波も防げますね。
老いても鈍らぬ父を見て安心しております(*^^*)
これが生き抜く力、本能の差ですね。

こんな最悪の1日の始まりから数時間後にはいつも通りのテレビ放送が行われ、いつものような1日が今日も終わろとしています。
私は幸い休日でしたので、朝からのドキドキを癒すべく二度寝して、その後DVDをレンタルしてきました(笑)
コラ!

今回は以前行った時に借りられていて見れなかった作品があったのでそちらをチョイス
Miss Peregrine′s Home for peculiar children
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち》です
私はファンタジーやSFが好きなので下調べせずパッケージだけ見てレンタルしてます。
ちなみに、ペレグリンは日本語で〈はやぶさ〉の事だそうで、先日ハヤブサ号で函館旅行に行ったばかり、やはり直感、運命的~
ペレグリンファルコン

ホルス - Wikipedia

結果的にこの映画もエジプト神話の要素が満載でした(笑)
右目を意識したカットや、角が生えた鹿?牛?のオブジェ、りんごの果実、船、メリーゴーランド、列車、双子、ループ(タイムトラベル)等々、バンタンストーリーで得た知識をフル活用出来る場面やストーリーでした。

ちなみに、私的には登場人物の中でも双子(見たものを石に変えられる能力を持つ)がものすごく怖かったです。
布の仮面をかぶっていて、日本のホラー映画にありがちな子供の幽霊的な装いなのですが、その布製の仮面をめくると蛇柄の肌に蛇の目になり一気に西洋式のホラーになるのです。しかも最強!恐怖でした(笑)
そして、この作品にも日本の要素が加わっており、プリクラの撮影機械がタイムトラベルの玄関だったり、日本のお札がデーンと全面に出たり、ブラックプールのタワーが東京タワーみたいだったりと日本アピールが。
細かい所まで調べあげたらきっと深い意味か見えてくるんだろうなと感じました。この作品は小説を映画化したものなので、原作者にはその意図はないかも知れませんがね…
作品の時代背景は第二次世界大戦中のようでした。作品では爆撃されるその直前に時間を24時間戻して戦火を逃れる内容で、それを毎晩繰り返すという設定でした。が!!現実ではそうはいきませんのでこれからの平和を願いましょう!
みなさん、よい夢を~
おやすみなさい☆