寝ころんで見る空

『趣味: 韓国』の30代の日常を。

《韓国ドラマ・花郎》ファラン~人相

ふぅ~。
さすがに眼精疲労ですな。
最近我慢して見ていなかった韓国ドラマ。結局3000円近く費やして【花郎(ファラン)】を一気にレンタルしてきました。
じわりじわりと楽しむつもりが、結局3日で全話みてしまったわよ(°∀°)あいぐ~

このドラマ、イケメン祭りな件は知っていましたが主演のパク・ソジュンのオーラが半端ないです。
あれだけまわりがイケメンだらけでも、誰が主役なのか一目瞭然でした。 パク・ソジュンの存在感は凄まじいものがあります。表情や声の出し方、 ストーリーの展開によって視聴者の感情や好感度すらも変えられる演技力。さすが俳優です。

それから王役のヒョンシク。王子様ルックスとはこのことなんだなと…。派手すぎず、主張し過ぎず、しかしながらどこか隠し持っている強さや余裕そして品のあるお顔。

早々に殺される優しい親友も、純真無垢でお調子者なのにどこか儚さを感じさせるバンタンのテテも役にあったオーラをしっかり出していました。
適材適所の配役だったなと回想しています。

ドラマの中では小さくて子供のようだったバンタンのテテ。
しかし、バンタンのライヴでは妖艶で力強い歌声でアーミーをとりこにしています。

最後にコ・アラ氏…ファンには誠に申し訳ないですが、あの酒の酔い方と顔…一瞬私かと思いました(笑)
イケメンに対抗するにはあのくらい癖のある顔がちょうど良いのですが、主演の パク・ソジュンとは若干似合ってなかったな?と(あくまで私感ですよ)思いますが、あむとぅん、本当に韓国人は芸にたけているとつくづく感じます。

今回のドラマのOSTはバンタンのテテとジンが歌った楽曲がよいスパイスになっています。声だけで切なさを演出できる二人にも感動ですよ。

毎回感じるのですが、韓国の男性って韓国女性に比べて話し方が優しくて柔らかくて、息の出し方がセクシーだなと思いませんか?私の耳が喜んで仕方ないよ。
あぁ~これだから韓国ドラマチョア~ よっ!
(^з^)