寝ころんで見る空

『趣味: 韓国』の30代の日常を。

《防弾少年団・DNA》運命の出逢い

あんにょん!
ついに見ましたよ~。さいたまスーパーアリーナで行われたBTSライヴのDVD。

Amazonで注文して届いてからなかなか開封するタイミングがなく、放置したまま慌ただしく過ごした年末年始、そして今日…ついに解禁。


何回見ても泣いてしまうオープニングのNot today 。当時の会場でもそうでしたが、まずこれに殺られます。

イントロでさっそく本日最高潮の血圧ですよ~。

そして初めて見る美しい映像。
今までYouTube(古い機種)で見ていたので実際、高画質でBTSを見る機会があまりありませんでした。
まさかこんなにも彼らが美しかったなんて…。

今回購入したBlu-rayは私の中の防弾少年団に革命がおこった作品です。
彼らのはだ艶、汗、表情。いったい何故こんなにも美しいのか?
本当に最高でした。
そして、こんなにも細かく感情を表現してくれていたなんて…。
実際に行ったliveのステージサイド席からは到底感じることの出来ない感情豊かな演出でした。
ライヴ当日の感想だと、スクリーンが見えないのでストーリーが分からなくて、バンタンストーリーの世界観を感じる事が出来なかったのですが、今回映像で改めて見るとメンバー一人一人が曲毎に表情や雰囲気を変えていて、表現のプロフェッショナルでした。
だからこそ彼ら全員で防弾少年団で、一人一人が防弾少年団なのですね。
このメンバーになることが運命だったんだなと感じさせられる映像でした。

彼らはステージと素のギャップが素晴らしくて、いとおしくて、誇らしくて。
素の部分はだらしなくて、忘れんぼうで、食べ方が乱暴(雑)で、わちゃわちゃしてて(笑)
そんな存在だからこそ世界中で愛されているのですかね!
これからもう一度DVDを見返して私の萌えポイントを刺激したいと思います。

ジミンの挑発にハートが反応するのは致し方ないとして、本当に全員セクシーでした!
日本versionのDVD、ありがとうございます!
買っていない方は是非。最高の作品ですよ。
では、あんにょん!