寝ころんで見る空

『趣味: 韓国』の30代の日常を。

《天体観測・冬》宇宙の渚

みなさんの見ている空はどんな空ですか?

最近夜空を見上げる度に思うんです。なんで空ってこんなに綺麗なんだろう?って(笑)

いきなり人生の楽園みたいなナレーション入れてすみません💦

私の見ている空は夜になると一面に星が現れて空じゅうがキラキラしていています。

毎晩毎晩こんなに壮大な世界が頭上にあるのに、多くの人は夜空なんて見なくなっていますよね。

私は宇宙が大好きで、宇宙の動画や記事を見ているとドキドキしてきます。
そんな私が宇宙にトキメキくきっかけになったのが2012年に放送されたNHKスペシャル 宇宙の渚 です。たまたま自動録画のキーワード設定『世界』に引っかかって録画されていました。
そこには世界ではじめて国際宇宙ステーションから撮影された夜の地球の映像が写し出されていたのです。
クリアな映像で見る地球はやっぱり美しくて不思議な存在でした。まるで私たちが水の中の魚を見るように、地球は大気光の膜の中にあるようでした。


この番組はJAXA宇宙飛行士の古川聡さんが案内役をつとめています。優しい口調と笑顔で、当時私は結婚するなら絶対古川聡さんとする!思うとほど崇めていましたが、妄想でも失礼だなと思い自粛しました(笑)

昼間の地球は宇宙から隔離されたシェルターのようだと多くの宇宙飛行士がそう言います。だけど夜の地球は宇宙と地球は繋がっているんだと実感できると。

まさに私が感じていた世界観そのものでした。
昼間の空は青い空、いくら目をこらしても濁り湯のように底が見えない感覚です。
だけど夜は空がそのまま透明になって、昼間はあんなに遠くて見えなかった宇宙が目の前にはっきり現れるのです。まるで宇宙に立っているかのような感覚になります。

夜になると宇宙が見える、この透明な感覚が大好きです。これが快晴の冬の夜に星や月を眺めるのがやめられない理由ですよね。



ところで宇宙から見た星って大きさ変わるのかな?と疑問でしたが、このテレビで写し出された映像を見る限り宇宙から見た星は地上から見るよりかなり大きかったです!(笑)
私この程度の知識ですが、今夜も宇宙の動画を見なが寝ます(*^^*)
宇宙の渚
私が見たものとは違いますが↓
https://youtu.be/r7Tel4UqhlA