寝ころんで見る空

『趣味: 韓国』の30代の日常を。

《セブチ・始動》YOU MADE MY DAWN

SEVENTEENが新たなミニアルバムをひっさげてカムバックしましたね!
冬をすっとばして春へ、ジャパンツアーにむけて着々と準備中です。
さてさて、今回のアルバムは以前の作品から繋がる雰囲気になっておりまして、相変わらず爽やかにみせかけてMV内容は例の牛耳られた内容です。
イムループやパラレルワールド、夢見など。
違う意識の中でそれぞれが行動し、造られた世界で違う世界にいる互いを共有しているような感じです。

バンタンストーリーの重要シーンともいえるbutterflyの廃プール。

今回のセブチのHomeから。

そっくりですね!

これらを見るとセブチストーリーのキーパーソンはバーノン、ウォヌ、ジョンハン、ウジ、ミンギュ、このあたりですかね?
それから花。
バンタンはスメラルドやユリですがセブチはひまわりです。ひまわりは太陽に関係がある花ですので明るい雰囲気でいてほしいですが、メンバーが枯れたひまわりを持っていました。
それから電気スタンド。電気がついていないときは部屋に誰も居ませんが、セブチは13人もいるのでみんなが集まるためにはたくさんの電力が必要なのです(・∀・)

と、核心も何もつけないグダグダな話しですが…。

がっ、しかーし。
いくらコンセプトがそうであろうとも彼らにはこのストーリーは似合わんのです。
だって陰の要素がほぼ無い子達に無理やり陰をあてがってるから本人達が意図せず陰を消しちゃうんだもん(笑)

セブチは間違いなく陽です。
太陽のようで夏のようで、夜明けのようで光のようで。
むりむりむりむり(ヾノ・∀・`)
たぶんスカしてあの世界に行ったとしても道中でぶーちゃん吹いちゃって皆も吹いちゃうから。
だからセブチは結局ハッピーなんですよね💛

今回のHomeの歌詞は個人的にジミンちゃんの約束とリンクする感じがしていて、こちらも自分の『肉体』から『魂』へ『魂』から『肉体』へ的な意味合いかなと感じました。
くどい言い方にすれば肉体に寄生した魂が肉体をHomeとして自分の居場所、帰る場所としているように、地球に寄生した人類が生き物として地球をHomeとするような感じです。

この感覚、例えば己の肉体と魂について、それぞれの側から思う事を歌詞にしてみてくださいとお題を出されたとして、セブチやジミンちゃんそれぞれに使う言葉や表現がこんなにもあるんだなと私なりに解釈して言葉の勉強をしたような気になりました。

SEVENTEEN Home和訳↓
https://youtu.be/R9QeOZW03NQ

バンタンとセブチ。
似て非なる魅力の塊です。